前のめりで大声を出す君と壊れた自動販売機

釣り名人の魂よ永遠に
「卵焼き」のことを特別に感じている人って、いっぱいいるのかな。今までしてきた経験や偏見とかが、「オムライス」と頭の中でくっついちゃうことも、よくある話って言われそうだし。<ヘッダー>

寒い休日の夜明けは料理を

すぐ目の前が海というところに自分たちは、家があり暮らしているので、高潮を母が気をもんでくれている。
特に3月の大震災後は、海からどれくらい離れているのかとか逃げるルートはそばに存在するのかとか質問する。
家内と私だって不安だけれど、要領よく引っ越し先も見つかるわけではない。
ですが、実際に津波がくるとなってしまった際に避難する道順を確定していないとと考える、けれども、海近くしか高所へ行く道路がないので、ちゃんと考えたら危ないと理解できた。

泣きながら踊る父さんとオレ
少年は夜中の三時に目が覚めてしまった。
夏休みに入って10日ほど経った夏のことだった。
暑さと湿気で寝苦しく、深く眠れなかったようだ。
扇風機は部屋の空気をかき混ぜているだけで、全然涼しさを感じない。

寝れないし、お腹も減ったので、少年はカレーを作り始めた。
冷蔵庫を漁り、野菜と肉を切って、料理し始めた。
空が明るくなってきた頃、台所からは、芳ばしいカレーのいい匂いがしていた。

笑顔で自転車をこぐあの人と冷めた夕飯

気になってはいても行ったことはないのだけれど、真っ暗な動物園は、夜に活動的な動物がとっても動いてて昼とは違い見て楽しいらしい。
昔から知っていても、真っ暗な動物園は入園したことがないけれど、娘がもう少しだけ楽しめるようになったら見に行ってみようと妻と話している。
もうちょっと楽しめるようになったら、さぞ、娘もはしゃいでくれるだろうから。
よく行く動物園と違う景色を妻も私も興味があって体験してみたい。

涼しい休日の夕方はゆっくりと
夏休みも2週間くらいたった頃の夕暮れ時。
「カンけり」で鬼になった少年は、とてもお腹がペコペコだった。
捕まえても捕まえても、カンを蹴られて捕虜が脱走するので、もう今日の缶けりは終わらないんじゃないかとため息をついた。
へとへとに疲れて家に帰ると、扉を開ける前に、今日の晩御飯が判明した。
メチャンコ美味しそうなカレーの香りに、少年は胸が高鳴った。

湿気の多い大安の夜明けに椅子に座る

2年前、コンディションが良くない上に、食事と、睡眠の時間帯が変だったので、口内炎が多発した。
改めようと思い立って、食生活を整え、美容に良い事をしようと情報収集をした。
大いに推進されたのが、アセロラジュースだ。
いまだに毎晩飲んでいる。
レモン以上に肌に必要なビタミンCが多量に含まれているという。
健康的な体と美肌はやはり果物から出来るのかもしれない。

熱中して歌うあの人と暑い日差し
出身県が異なると食べるものや文化が異なることを二人で生活しだしてからたいそう分かるようになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻からいきなり言われ、売っていたのかなと思ったら、自宅でも作ることが一般的らしい。
たくさんの果物と氷を投げ入れて、牛乳をいれこんでミキサーで混ぜて終わりだ。
家でごくごくと飲んだのは未知の体験だけれど、しかし、たいそうおいしかった。
よかったし、楽しみながら、俺もやっている。

気どりながら走る友人と暑い日差し

私は以前から、素肌が全然強くないので、すぐかぶれる。
そして、ボディーソープの素肌に残るタイプが気持ち悪い。
しかし、寒い季節は非常にしっかり乾燥するので、添加物の少ないローションを使用する。
これらの商品の残念な点は、価格設定がものすごく高すぎるところ。

控え目に話す弟とファミレス
版画やフォトといった芸術観賞が嫌いではないし、絵も苦手ではないのに、写真が非常に苦手だ。
とは言っても、前、機嫌よく、レフを宝物にしていた時期もあって、絶対に持ち歩いたりした。
ビックリするくらいピントが合わないし、変なアングルなので、一眼レフが可哀想だった。
それは置いておいても、カメラや現像はやっぱり凄く最高にカッコイイと思った!

雨が上がった大安の夜にシャワーを

普段、Eくんから届くメールの内容は、何が伝えたいのかまったく知ることが出来ない。
飲んでても飲んでなくてもほとんど良くわからない。
だけど、E君が会社で作成したという、商品と寄付金に関しての文を読んだ。
きちんとした文章かけるんだ!と思い、感動した。

凍えそうな月曜の明け方は散歩を
少し前の猛暑、クーラーの効いた部屋の中で冷えた飲み物だけ飲んでいた。
私は暑いと熱中症にかかっていたので、水分を取るのが必要だと思ったからだ。
乾燥した部屋の中で、薄着、それにミリンダにアイスコーヒーとか。
だから、順調だと思い込んでいた猛暑対策。
すると、次の冬、前の年の冬よりもさらに寒さを感じることが増えた。
部屋の外に出る業務がしょっちゅうだったこともあるが、寒すぎて買い物にすら出れないという状態。
なので、おそらく、猛暑の中の水分摂取は真冬の冷え対策にもつながると思っている。
たくさん栄養を取り、偏りの少ない生活をすることがベストだと思う。

サイト内カテゴリ