汗をたらして熱弁する子供と濡れたTシャツ

釣り名人の魂よ永遠に
テレビのアンケートとかで、「農家」のことについて聞かれたら、あなたはなんと言う?「パスタ」って、人によって受け止め方が全く違うかもね。<ヘッダー>

無我夢中で叫ぶ妹とよく冷えたビール

晩酌に、サッポロビールを一人で飲むのが習慣になっているけれど、最近はさらに、ワインも飲んでいる。
もちろん、次の日に接客の仕事をしないときに限定されるけれど。
実家を出ていた時に、マンションの近くで酒屋を見つけて、父の日のために購入したことがある。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円以上のプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
実家に届けた、ワインが一万円することをついに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他に感想はなさそうだった。
以来、あまりワインの質にこだわらなくなった。
旨い!と思える時間を過ごせるなら、値段や質にはこだわらない。

気持ち良さそうに走るあいつとファミレス
人によって、好きなものや好みが存在すると思うが、それをリサーチするのが大好き。
友達に質問してみたところ、金、良い生地のランジェリーお母さんのことが好きとの事。
プラス、男性の血管の出た手。
最後に、ロシア語のひびき。
自分には不明。
リンゴ飴、肌に直接薄手のニット、かなり薄めた香水、声の低い若い人が好きだと、話してみた。
もちろん理解できないと言われた。
まさにこれが、フェチという分野だという。

雪の降る月曜の夕方に足を伸ばして

東京都でも江戸の頃から賑わっている下町、浅草。
中でも参拝客の多い仏様が浅草の観音様。
まさに近頃、浅草寺詣でに行ってきた。
久しく来た東京都の浅草参拝。
さらに、自身の目で実際に確認し理解したのが、日本人以外のツーリストが多いという事実。
各国より旅行客が集まってくる浅草、ちょっと前から明らかに増えている。
おそらく、世界一背の高い総合電波塔、東京スカイツリー完成の関係もあるだろう。
アジア方面からは、新東京国際空港ハブ化に伴ってアクセスが便利になったという事から、プラスして、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅力を感じやってくるツーリストが多いと感じる。
それはさておきこの先もたくさんの外国人観光客が来ることを想像させられた。
日本の良さを見つけ、ぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん購入して、足袋や木刀も観賞させてもらった。
宝蔵門を通過すると、豪華絢爛な本堂が見えてきた。
こちらの瓦屋根は、雨に濡れてもさびにくいチタンを使用し、改修工事を行ったそう。
秘仏である観音様に旅の無事と平和を祈りしっかり手を合わせてきた。
今年の頑張りが、必ず表れますように。

天気の良い火曜の夕方に昔を懐かしむ
見入ってしまうくらい素敵な人に出くわしたことがありますか?
過去に一回だけありました。
バスの中で同い年くらいの人。
女性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれくらいスキンケアをしているか、という自分の努力もあると思います。
しかし、それ以外でにじみ出るオーラは多分ありますよね。
本当に素晴らしい人がたくさんいるんだなーと感じました。

のめり込んでお喋りする友人と冷たい肉まん

昔から、残業や家事に追われて、なかなかフリーの時間が持てない。
少しばかり時間が持てても、自然と次やるべき仕事の納期など、今後の締切が頭にある。
そんな状況で、大きな休みがもらえると、とても嬉しくなってしまう。
では、少しの空いた時間をどんなふうに使おうかと。
だいたい、ほとんどが、あれしたい、これしたい、など願望のみが募り、全部は達成できない。
中でも私は行動が遅いので、気付けば一日が経過。
時は金なり、という言葉は本当に明確だと感じる。

怒って大声を出す君と花粉症
いつも行くマーケットで夕食の買い物をしていた。
冷凍食品の部門でブルーベリーをさがしていた。
すると、ハングル文字が書かれた冷凍食品を探し出した。
良く見ると、韓国屋台の定番、トッポギだった。
この秋、韓国まで旅行した時に、何回も韓国まで旅している親友に勧められたのがトッポギ。
ここ日本で冷凍食品になって、韓国のトッポギが買えるなんて、純粋に驚いた。

悲しそうに口笛を吹く母さんと俺

この黒の一眼レフは、実をいうと、波打ち際で拾ってしまった。
その日は、8月のちょうど真ん中で、終わり頃で、例年通り暑く感じた。
彼女の家で、大好きな恋人ともめてしまい、しばらく口を利きたくないと告げられてしまった。
それで夜、自宅からこの海まで走ってやってきて、波打ち際を散歩していた。
すると、少し砂をかぶったこの一眼に出会った。
手に取って重さに驚いてさまざまな様子を一枚撮ってみた。
一眼レフの所有者より、良い感じに撮れるかもしれない。
恋人の可愛い笑顔撮りたいなー、とか、思った以上にピント調節ってうまくいかないなー、とか心の中で思っていた。
次の休み、なんとか会う約束ができたら、恋人に自分が悪かったと謝ろう。
そして、この一眼、落とし主に届けるつもりだ。

目を閉じて熱弁する先生とぬるいビール
あまり、テレビドラマは見ないほうだけど、近頃、それでも、生きていくを録画してから視聴している。
殺人犯側の家族と殺された側の両親と兄達が出会ってという話の中身で、普通は起こるはずがないストーリーだと思う。
殺された小さな子の両親と兄達と犯人側の両親と妹のどちらの家族も不幸なめにあっている内容がえがかれている。
内容の雰囲気はものすごく暗いと思うけれど、その分、色づかいはきれいなようにされている。
花や緑や自然の映像が非常に多用されていて、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がとても多く使われている。
これから、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

風の無い休日の晩はお酒を

仕事で出会ったお姉さんがいる。
今までに出会ったことのないような人で、彼女の話はいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
保育士の資格、潜水士の資格、通関士。
英検1級、総合旅行業務取扱主任者、元スッチー。
公認会計士も持っていると言っていたような・・・。
さすがに公認会計士の件を友人に話してみたところ、君の聞き間違いじゃないかと思う、など言われたけれど。
彼女は、30歳年上の上司と結婚し退職していった。

無我夢中で吠える君と冷たい肉まん
嫌われ松子の一生というタイトルの連ドラが放送されていましたが、見ていた方もいたと思います。
実際に、連ドラは見なかったのですが、中谷美紀さん主演で映画が放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが不運な境遇にて生活しながらも、心まで貧しくなりません。
はたからみれば、不幸かもしれないけれど希望を捨てません。
幸せになることについて、貪欲なんです。
とても好感を感じました。
私も幸せになる権利はあるのに、そうなってしまうと罪悪感がある。
などという、謎の状態に陥っていた当時の私は、放送中幸せな気分になりました。
それくらい、明るい映画なので、一押しです。
キャストの、中谷さんは、音楽教師でも、風俗嬢でも、美容師を演じても、何をしても綺麗でした。

サイト内カテゴリ