一生懸命吠える君とぬるいビール

釣り名人の魂よ永遠に
「幻」に関して、どう思う?「蜃気楼」って、多くの人からはどう考えられているんだろう。べつに考察するわけじゃないよ。<ヘッダー>

自信を持って口笛を吹く兄弟と季節はずれの雪

盆でも本家から別れていたらとたまにしか意識することがないが、不十分ながら、お供え物くらいはと思い家元へ買って送った。
生まれた家に暮らしていたら、香を持ち祖先の迎えに出向いて、御盆のラストに送りにおもむくのだが、外れて生きているので、そう行動することもない。
隣近所の人は、線香を手に持ってお墓におもむいている。
そんな場景が見える。
ふだんよりお墓のあたりの道路には多くの乗用車がとまっていて、人もめちゃめちゃたくさん見える。

泣きながら吠えるあの人と暑い日差し
鹿児島市に住んでみて、墓所にいつも、菊をしている方々が山ほどいることにたまげた。
お歳をめしたの奥さんは、連日、霊前に切り花をあげていないと、隣近所の女性の目が不安らしい。
毎日、お花をなさっているから、毎月のお花代もすごく大変らしい。
日ごとに、隣近所の高齢の女の人は墓前に集まって花をあげながら、会話もしていて、お墓の暗い空気はなく、まるで、人が集う児童公園みたいにはなやかな空気だ。

雹が降った週末の朝に熱燗を

友達の知佳子は頭がキレる。
頭が良いんだなーと感じる。
あまり他者を悪く言ったりはしない。
ん?と思っても、まずはその人の気持ちも尊重する。
ということから、許容範囲が広がるし、強くなれるのだ。
考えを貫く事より、こうしている方が知佳子にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、悪いことが起きても経験値にする方法をよく分かっている。

無我夢中で吠える父さんと季節はずれの雪
ある日、沖縄に働きに出かけた。
日差しがとても暑い!
Uネックの上着の上から、背広。
汗まみれになりすぎて、上のジャケットはぼろぼろに。
ビジネスホテルに着いて、洗濯機もなかったのでボディーシャンプーで洗濯した。
乾いたらその上着はストロベリーの香りが続いた。
上着がボロくなあるのではないかと心配したけれど、何が何でも洗ってやると思っていた。

具合悪そうに歌う父さんと突風

憧れているモスクワに、必ずいつか旅したいという夢がある。
英語の勉強に飽き飽きした時、ロシア語をやってみようかと思ったことがある。
結局、ぱらぱらめくったロシア語基礎のテキストの最初だけで速攻で断念した。
とにかく活用が限りなくややこしかったのと、発音の巻き舌が多数。
観光客としてスピリタスとオリビエを楽しみに向かいたいと思う。

そよ風の吹く平日の晩はお酒を
今日の体育はポートボールだった。
少年は、ボールを使ったスポーツは得意ではないので、つまらなそうに運動着に着替えていた。
おそらく今日は、運動神経のいいケンイチ君ばかり注目を集めることになるのだろう。
今日はきっと、運動神経抜群のケンイチ君が活躍するのだろう。
だとしたら、少年が恋しているフーコちゃんは、ケンイチ君が活躍するところを見るなるのだろう。
少年は空を仰いで体操帽子をかぶると、運動場へ小走りで出て行った。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年の方を何度も見てたのを、少年は気がつかなかった。

気どりながら熱弁するあの人と擦り切れたミサンガ

友達と前から会う約束していた。
大きな駅の恒例の大きめの画面の前。
そこで、ちょっと遅れると連絡が入った。
この駅はみんなの集合場所なので、待ち人もどんどん去っていく。
ウォークマンで音楽を聴きつつ、景色を眺めていた。
それでも退屈なのでそばの喫茶店に入り、アイスティーを飲んでいた。
それから、友達が待たせてごめんね!と言いつつきてくれた。
お昼どうする?と聞くと、パスタにしようと言った。
色々まわってみたけれど、入りたい店を探せなかった。

暑い休日の晩にビールを
太宰の斜陽は、何度も読めると思う。
かつては華族の御嬢さんだったかず子が、根強くて引かない女性になっていく。
だんだん素晴らしいと感じた自分。
かず子のように、誰にも負けない行動力と、意見を押し通す我が戦後は必要であったんだと思う。
それもそうだけど、不倫相手の小説家の奥さんからしたらうざいだろうと思える。

夢中で吠える母さんとアスファルトの匂い

いつも、マンションで個人的に行えるような働き方をして、たまに誘いがかかるとプロジェクトでの仕事に参加する。
たった、稀にだけど、最強にめんどく感じて仕方ない。
この際辞めてしまおうなど。
参加すれば張り切るけど、大勢のメンバーにはさまれて、プロジェクトで仕事を成功させるのは気疲れする。
そう親に話すと、言いたいことは分かるよ、など豪快に笑っていた。

天気の良い月曜の早朝はお菓子作り
手を出せば、完結させるのに多くの時間を要するものが、世の中にたくさん存在する。
私は、外国語だろうとみている。
と思っていたが、韓国語は例外で、日本の言葉と語順が同じ、SVOで、実は音が似ているので、わりと習得が早いとか。
3年くらい韓国語を特訓していた友人曰く、英語を勉強するより確実に身に付きやすいのでお勧めとの事。
そうと聞いたら参考書でも読んでみようかなあ・・・と思ったけれど、どうしてもハングル文字はお絵かきにしか思えない。

サイト内カテゴリ